スタッフ採用のポイント

① 人材採用計画の立案

(1)採用計画策定のポイント

 開業事業計画に則り適切な採用計画を策定(必要職種、適正人数等)

 募集広告(ハローワーク・新聞求人欄、折込チラシ、求人誌広告等)の形式選定

 応募問合せは、会計事務所又は業者等を窓口にする(医師は在職中のため)

(2)スタッフ採用のスケジュール例
3ヶ月前

募集の開始10日~15日を募集期間とする

書類選考を行い、

・面接予定者へ日時を連絡(電話)

・非該当者は履歴書返却(郵送)

2ヶ月前

面接を実施し、採用者を決定する

再募集を想定して時間的余裕を持つこと

1ヶ月前

採用予定者へ連絡(勤務の意思確認、準備のための集合日時など)

20日前くらいから医院にて開業までの準備に入る

この期間の賃金は一般事務員のパート単価を算定し、時間給として支給する旨、事前に通知

開業までの日程の中で、スタッフ研修を実施

(3)採用計画策定のポイント

■ 面接の留意点

1)面接日の連絡

   連絡により時間の確認

   その後面接リストを作成する

 

2)面接日当日

   面接会場の配置

   面接待機場所の設定

   案内表示・受付

 

3)面接の方法

  筆記

<テーマ>

  • 当医院を希望する理由
  • 前職で担当していたこと
  • 前職で退職した理由
  • 患者サービスとは何ですか
  • あなたのセールスポイントは何ですか
  • 希望給与はいくらですか

 

 ② 面接時

<問いかけ>

  • 上記回答に対する質問
  • 家族構成・職業
  • 婚姻の有無
  • 趣味

<留意点>

  • 相手の希望を聞き出す(職場像、仲間との一体感、等)
  • 経営理念を披露し、その反応を見る(理解力、応用力の確認)
  • マナーや行動を見る(表情の豊かさ、清潔感、礼儀正しさ、常識の保有等)

 

結果的には、面接時の総合的な印象に頼ることとなる。

理解力、応用力においては、出身高校も参考としたほうが良い。

 

ポイントは、患者さんとコミュニケーションが取れる人材。

面接時のやり取りが、すべてです。

 

 採用決定時の留意ポイント

1)採用優先順位の決定

2)採用者への通知

3)不採用者への中止

4)履歴書の保管

② 労務上の規定整備

労務関連規定整備の目的

スタッフ採用時

① 労働契約関係の明確化

 誓約書・身元保証書

 就業規則・給与規定・退職金規定等

  • 労務関連規定の明示による意識付け
  • 安心して働ける環境の整備
  • 職員から医院・院長への信頼
  • 職員満足度の向上

 誓約書と身元保証書

  • 当院スタッフとしての心構え
  • 医療機関で働く一員としての意思確認
    例)守秘義務、個人情報保護、職業倫理

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

詳細はこちらへ
詳細はこちらへ
詳細はこちらへ